私の元へご相談にいらっしゃる方は、とてもセンシティブな内容の方が多いです。

ご相談の際は、匿名でまったく問題ないのですが、家・職場・土地などが絡む内容の場合、地名や対象物など個人情報をお聞きすることがあります。

ここで心配になるのが、ご相談内容や個人情報かと思いますので、今日は相談内容や個人情報の取扱いについてお伝えしていきます。

相談内容や個人情報はどこに記録してあるの?

私、ご相談内容などの記録(カルテ)は、紙にも電子メモやアプリ等にも記録していません。

メッセージをやり取りしたメールやSNSなどのアプリ内には残されていますが、その他は私の記憶だけです。

個人情報の取扱いについて、この職種(相談業)には医療・福祉関係と同レベルのセキュリティがあって当然と思うので、それ相応の設備を整えようかとしたのですが、個人の捻出できる金額ではなかったことと、

私一人でご相談を受けているのあれば、私の脳に記憶されるだけで、どこに漏れる心配がないはずなので記録していません。

私が他人より少し記憶力がいいこともあって、これまで記録しないでセッションを続けてきています。

記録することは絶対にないの?

現在でも、メッセージをやり取りしたメールやSNSなどのアプリ内には残されているので、この記憶するだけのやり方は、どこかの段階で変更するかもしれません。

実は、人生も折り返しを過ぎていますので、普段の生活で忘れていることが出てきているんです。

ですので、前回の内容や、以前の状態との変化が確認できない等となってしまっては、依頼者さんに失礼になりますのでそれは避けたいです。

時間を遡って視てみればわかることもあるけれど、依頼者さんと一緒に乗り越えてきたことがわからないのはイヤ……

その時はこの仕事を辞めるか、何かの方法で記録するようになるかもしれませんが、前もってお伝えしますので、ご安心くださいね^^

お願い

私の方で記録していませんので、セッションではメモしたり、ボイスレコーダー(スマホで録音など)をご用意いただいて振り返りにご活用いただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事